四十肩・五十肩

四十肩・五十肩について

四十肩・五十肩とは?

四十肩・五十肩は、専門的には「肩関節周囲炎」と言われる加齢による組織の老化現象です。
40歳から50歳代にかけてがピークで60歳代までなります。それ以降は稀になられる方もいます。
肩の痛みと、肩を上げることができないという症状を起こし、一度なってしまうと症状が長引くことが多く、最初はどちらかの肩片側だけに症状が起こることがほとんどですが、そのうちに反対側の肩にも同じような症状が出てくることも珍しくはありません。
四十肩・五十肩は、スポーツや仕事で肩を酷使している人に起こりやすいわけでもなく、デスクワークの人でも起こります。

体のゆがみ、筋膜のよじれや癒着が四十肩・五十肩を引き起こす

四十肩・五十肩の原因は、姿勢が悪く猫背になっている場合、慢性的に肩関節に負担がかかって肩関節を覆っている膜などが炎症を起こしたり癒着を起こしてしまったり、肩の動きに関係する筋肉や腱を覆っている筋膜がよじれたり癒着し、本来自由に動けるものが動けなくなり痛みをひきおこしたり腕があげられなくなってしまうのです。

これを改善させるには、本来の原因である体の歪み、筋膜のよじれや癒着をなくさなければなりません。

このまま1~2年痛みを我慢すれば治るだろうと過ごすのではなく、まずは一度、当院の施術を体験してみてください。
四十肩・五十肩の方は首こり、肩こりはもちろんですが腰痛もあるし膝も痛いという方もいらっしゃいますが当院ではそのような症状も同時に施術してまいりますのでご気軽にご相談下さい。
また、様々な症状に対処するために、お時間は90分~100分、2回目からは80分~90分程度かかります。

ご予約お問合せはこちらから
☎ 052-710-6595